これだけはおさえておこう

男性と子供は披露宴でどんな装いをするか

和装をすると、新郎や両家の父親が着てかぶってしまうため男性招待客は洋装が基本です。
女性と同様、着用の時間帯で服装は異なり、昼はディレクターズスーツで夜はタキシードになります。
またブラックスーツは昼夜を問わず着用できるほか、小物を変えれば弔事でも使うことができるので一式あると便利です。
洋装は、ネクタイなどの小物が必要です。
小物の合わせ方は着用する装いによって異なり昼の準礼装のディレクターズスーツではシルバーグレーなどのネクタイを合わせます。
そして、夜のタキシードでは黒の蝶ネクタイが基本でチーフのたたみ方も異なります。
また披露宴がカジュアルな雰囲気だったら、グレーや紺なダークスーツでも大丈夫です。
二次会などにも適しているのがダークスーツやブラックスーツになりチーフなどを活用しましょう。
子供の礼装は学校の制服を着用するのが一般的です。
制服がない場合は男子はブレザーにズボンを着用します。
カジュアルな披露宴の場合は半ズボンやベストでもかまいません。
女子はワンピースなどとスカートをあわせるとよいです。
子供には大人ほど特別な決まりごとはないですが、新郎新婦より派手にならないようにして控えめにするのがマナーになります。